ホーム>リフォーム成功のポイント!続・照明について考えてみる【後編】

リフォーム成功のポイント!続・照明について考えてみる【後編】

照明で防犯対策!

玄関ポーチや、お住まいの周囲の外灯、車庫にはセンサー付きの照明をオススメします。

防犯対策の一つに、暗がりになって見えにくい場所をなくすことが重要といわれています。
しかし、常に死角や暗がりを照明で照らすとなると、照明器具の寿命を早め、電気代も掛かってしまいます。

玄関ポーチに多く使用されているのが、人感センサーと明暗センサーを組み合わせた省エネ型のセンサーライトです。これらのタイプは、暗くなると自動的に点灯して、設定時刻になると消灯。消灯後も人の動きを感知すると自動的に点灯して、空き巣など犯罪の抑止効果も期待できます。

また、車庫や物置などにもセンサーライトを設置することで消し忘れを防ぐこともできます。

深夜の明かりはフットライトが便利!

深夜にトイレにいく時に、電気を付けたら目が冴えてしまったり、眠れなくなってしまった・・・、という経験はありませんか?
廊下や階段には、ほんのりとした光で床面を照らすフットライトが便利です。

センサー付きのフットライトであれば、人の動きや周囲の明るさで自動的に点灯・消灯するので、電源のON/OFFを気にする必要もありません。
また、取り外しができて充電池を内蔵しているタイプであれば、非常時の明かりとしても使用することができます。

2回にわたり照明についてご紹介しました。リフォームの際には、取りあえず消費電力の少ないLEDに変えてみるという方が多いですが、照明はお部屋の印象を決めるうえで大切な要素です。光の色や明るさ、配置などにもこだわって理想の空間を実現してください。

(次回に続きます)

ホーム>リフォーム成功のポイント!続・照明について考えてみる【後編】 ページの先頭へ