ホーム>リフォーム成功のポイント!照明について考えてみる【前編】

リフォーム成功のポイント!照明について考えてみる【前編】

「我が家もそろそろリフォームしたいなぁ・・・」と思っていても、いざとなると何をしていいのか分からない。そんな方々のために、設計・プランナーの立場からリフォーム後のお客様の声を交えて、リフォームを成功させるためのポイントをご紹介します。

お住まいの照明を検討する際に、何を基準に決めていますか? 今回は、お住まいの雰囲気を大切に、空間をオシャレに彩る照明計画について考えてみましょう。

光源(LED・蛍光灯・白熱灯)の違いって?

一般に光源は大きく分けてLED、蛍光灯、白熱灯の3つに分類されます。比較すると次のようになります。

白熱灯は、暖かみのある色合いで落ち着いた空間を演出します。しかし、政府が地球温暖化防止のため、消費電力の高い白熱電球の製造中止をメーカーに呼びかけたことにより、現在では家電量販店の照明コーナーのほとんどが、LEDをはじめとする省エネ光源になっています。

照明に必要な明るさは?

生活の中で照明に必要な明るさは、お部屋の用途や暮らし方によっても異なりますよね。

例えば、キッチンのように全体的に十分な明るさがあっても、包丁を使う手元はもっと明るくしたいなど要望は様々です。

日本工業規格(JIS)では施設と作業・活動ごとに照明の明るさの基準が定められています。しかし、この基準も一般的な明るさの目安であり、適切な明るさは年齢や視力などにより異なってきます。

また、居室の照明器具のカタログには適用畳数が表示されている場合が多いので、照明選びの参考になります。ところが、これらのカタログにも高齢者の方には、実際の畳数より1ランク上の器具を推奨する旨が記載されていることがあります。
ご高齢の方は、細かい作業をする際に若年者と比べて高い照度が必要であったり、明るい部屋から暗い場所に移動した際の順応速度が低下するなど、視覚機能の低下による問題が生じることがあります。

このように、ご家族にご高齢の方がいらっしゃる場合は、明るさのバリアフリー化も考慮すると、ご家族の皆さまが暮らしやすい、より良い生活空間になるのではないでしょうか。

後編に続きます

ホーム>リフォーム成功のポイント!照明について考えてみる【前編】 ページの先頭へ