ホーム>リフォーム成功のポイント!収納について考えてみる【前編】

リフォーム成功のポイント!収納について考えてみる【前編】

「我が家もそろそろリフォームしたいなぁ・・・」と思っていても、いざとなると何をしていいのか分からない。そんな方々のために、設計・プランナーの立場からリフォーム後のお客様の声を交えて、リフォームを成功させるためのポイントをご紹介します。

リフォームをお手伝いさせて頂く際に、現在のお住まいのご不満な点としてよくお聞きするのが「収納スペースが足りない・・・」というお話です。ご家族のライフスタイルの変化や趣味嗜好の変化でモノが増え、どうしても収納スペースが足りなくなってしまいます。今回は、収納に関する注意点やリフォームの際に参考になる収納の実例をご紹介します。

収納スペースと収納するモノを考える

住宅の総床面積に占める収納面積の比率を“収納率”と言います。収納率の目安は一戸建で12~15%程度、マンションで8%以上が望ましいと言われています。(収納率について詳しくは、【絶対おさえておきたい】すっきり・ゆったり暮らせる「収納」のポイント! をご覧ください)

リフォームの際には使い勝手のよい、余裕のある収納を考えてしまうかもしれません。しかし、少し待ってください。現在のお住まいでも十分な収納率があるにも関わらず部屋が片付かない場合は、モノを減らす必要があるかもしれません。
モノを減らして適正な広さの収納スペースを確保することで、そのスペースを他の用途に使うことができます。

大きな納戸(なんど)は、場所を取るような大きなモノを収納するのに便利です。しかし、奥の方にモノを詰め込んだままにしていると、何をしまったのかさえ忘れてしまうことも・・・。納戸は空間の仕切りを工夫して、棚やラックなどを設けてスペースを有効活用しましょう。

また、リフォームの際に“押入れ”を“クローゼット”に変更する場合があります。しかし、通常のクローゼットは奥行きが55cm~70cm程度で、押入れの90cmの奥行きは必要ありません。その場合は、奥の方に棚を設置したり、ハンガーパイプを2本配置して、せっかくのスペースをムダにしないようにしましょう。

ちなみに、和室の押入れは布団をしまうことを想定した幅です。1間(180cm)の押入れを半分だけ残す方もいらっしゃいますが、布団の幅は半間(90cm)以上あるので、キレイには収まらないので注意が必要です。

次に、収納についてリフォームの実例をもとにご紹介します。

壁面収納で落ち着いた空間を演出

マンションや壁式鉄筋コンクリート構造の住宅は、内部・外部ともに開口部の大きさを変えることができず、間仕切りの変更にも制限があります。下の実例では、リフォーム前は書棚が壁一面を占有していましたが、障子を用いた飾り棚にしました。

大きくがっしりとした書棚は重厚感があって良いのですが、少し圧迫感を感じる方もいらっしゃいます。そこで、建具に障子と間接照明を用いることで、和の落ち着いた空間を演出しつつ、収納スペースも確保することができました。

ちなみに、壁面収納はインターネットなどの通信販売を利用すると安く手に入れることができますが、既製品を設置する際は地震対策が大切です。大型の壁面収納の場合は、地震の際にかなりの重量となる家具の下敷きになってしまうことも考えられます。十分に注意しましょう。

後編に続きます

ホーム>リフォーム成功のポイント!収納について考えてみる【前編】 ページの先頭へ