ホーム>リフォーム成功のポイント!いつやる?リフォームの時期【後編】

リフォーム成功のポイント!いつやる?リフォームの時期【後編】

「我が家もそろそろリフォームしたいなぁ・・・」と思っていても、いざとなると何をしていいのか分からない。そんな方々のために、設計・プランナーの立場からリフォーム後のお客様の声を交えて、リフォームを成功させるためのポイントをご紹介します。

リフォーム成功のポイント!イメージを整理してみる【前編】 【後編】
リフォーム成功のポイント!いつやる?リフォームの時期【前編】

現在のお住まいの状況を把握する

さて、時期も決めたし・・・ いざ、リフォーム工事を進めたいと決断しても、実は工事が出来ない場合もあるのです。それは、

① 建築法規に触れるため施工出来ない場合

② 構造部分の強度が弱く、改修をおすすめ出来ない場合

という大きく2つの理由が考えられます。

①の場合:以前ニュースで騒がれていた耐震強度偽装問題でも取り上げられていた“確認申請”。一般に10㎡以上の増築が伴う場合、リフォームでも申請が必要になります。しかし新築後、土地の分割などで敷地状態が変わると、確認申請が通らない(受理されない)場合があります。例えば、巾4m以上の道路に2m以上敷地が接していないと申請が通りません。袋小路の奥の家などは難しいこともあります。

②の場合:将来の安心した暮らしを考えていく上で、コンクリートの基礎が弱くなっていては現在のお住まいに大きなお金を掛けるのももったいないですよね。

このような場合もありますので、出来るだけ早い段階で建物診断を受けて、お住まいの状況がリフォーム出来るか確認することが大切になります。

お住まいと家族のライフサイクルプラン(将来の住まい計画)は、リフォームの計画がないご家庭でも将来役立つはずです。ご家族の集まるお盆やお正月にライフサイクルプランを立ててみてはいかがでしょうか?

(次回に続きます)

ホーム>リフォーム成功のポイント!いつやる?リフォームの時期【後編】 ページの先頭へ