ホーム>知っておきたい!点検と管理[結露]【前編】

知っておきたい!点検と管理[結露]【前編】

お住まいの適切な管理と定期的な点検は、大切なマイホームをトラブルなく長持ちさせる秘訣。トラブルにならないための管理と点検のポイントを確認してみましょう。

知っておきたい!住まいの管理と点検[温度・湿度]

“結露”がなぜ発生するのかご存知でしょうか? 結露はお住まいにも、住む人にとっても悪影響を与える存在なのです。結露の特徴とその対策を理解して、お住まいも人も健康に過ごせるようにしましょう。

なぜ結露が発生するの?

結露の原因は、空気中に含まれている水蒸気にあります。空気中の水蒸気は、温度によって含むことが出来る量が異なるのです。温度が高いと多くの水蒸気を含むことが出来て、温度が低いと含むことが出来る水蒸気の量は少なくなります。

それでは、暖かい空気が冷やされると、空気中の水蒸気はどうなるのでしょう?
空気が冷やされると、空気中に含むことが出来なくなった水蒸気があふれ出します。
こうして、あふれ出た水蒸気が水滴となって、窓ガラスや壁に付着して結露になるのです。

右の表は空気中の水蒸気が凝結する(結露が発生する)温度と湿度をまとめたものです。
例えば、室温20℃・湿度60%だったとします。この時、外の冷たい空気によって窓の付近の温度が12℃に下がると、湿度が100%となって結露が発生してしまうのです。

表面結露と内部結露

結露には、目に見える結露と建物の内部で起こる目に見えにくい結露の2つの種類があります。

表面結露:

表面結露は壁や窓、天井の表面に発生する結露です。窓ガラスの表面にびっしりと水滴が付いたり、断熱が不十分な年月が経ったお住まいでは、壁の表面に発生することもあります。
また、水滴をそのままにしておくと、シミになったり、カビやダニの発生原因となります。

内部結露:

内部結露は壁の内部で発生する結露です。防湿処理が不十分であったり、断熱に隙間があったりすると、水蒸気を含んだ暖かい空気が壁の内部に侵入します。そして、水蒸気を含むことが出来る限界の温度を下回る場所で内部結露が発生するのです。
内部結露は壁の内部で発生するため、初期の段階では気が付かないことが多く、柱や土台を腐らせる原因となります。

後編に続きます

理想のキッチンリフォームが見つかる本
ホーム>知っておきたい!点検と管理[結露]【前編】 ページの先頭へ