ホーム>【マンションリノベーションを検討中の方も必見】消費税増税前に、安心してリフォームするポイント

【マンションリノベーションを検討中の方も必見】消費税増税前に、安心してリフォームするポイント

平成29(2017)年4月から、消費税が10%に上がる予定です。つい先日まで、軽減税率の範囲について、国会でもめていたのでご存じの方も多いのではないでしょうか。

「現行の8%からたった2%のアップ」と考えている方もいるかもしれませんが、高額の買い物になればなるほど、その2%の影響が大きくなります。

その代表格が住宅関連です。新築はもちろん、大規模リフォームも大きなコストアップにつながります。
例えば、今流行の「中古マンションのリノベーション」を考えている場合。
中古マンション購入費3800万円(※1)+リフォーム費1000万円+雑費(引っ越し・家具など)200万円で、合計の課税対象額が5000万円だとします。 すると、消費税2%の違いで……なんと、100万円も差が出てしまいます。

※1:不動産についての消費税は、土地にかかる部分は非課税。中古マンションの売り主が個人の場合は、建物も非課税となります(不動産業者であれば消費税の対象です)。また、仲介手数料も消費税の対象となります。

100万円もあれば、キッチンをハイグレードの仕様に変更したり、はたまた造作家具を追加することもできるかもしれません…。そう考えるとちょっと惜しい額です。

消費税10%は意外とすぐそこに!
早目の行動でお得に、納得のリフォーム。

そこで皆さん考えるのが、「消費税が10%になる前にリフォームをすること!」
繰り返しになりますが、10%は平成29(2017)年4月から始まります。

「10%まで、あと1年以上もある。ギリギリまでゆっくりリフォーム会社を検討しよう・・・」なんて、もしお考えでしたら、それは注意が必要かもしれません。

実は、8%の現行の消費税を適用するには、平成28(2016)年9月末までにリフォーム会社と請負契約をするか、平成29(2017)年3月末までに引き渡しを受けなければならないルールがあるのです。解かりやすく表現すると、以下の図のようになります。

さらに予想される動きとしては、平成28(2016)年9月末日に向けた契約、平成29(2017)年4月に向けた引渡しの動きが加速するため、平成28(2016)年の後半には駆け込み需要が殺到し、大工さんの奪い合い状態になってしまう可能性が高いです。

そうなると懸念されるのが、大工・職人の腕の格差といった品質管理のバラつき。さらに建材・設備の新商品発表など、商品切り替えによる値上げの動きです。前回の消費税改定時、5%から8%に上がった際にも、まさにこのような動きがありました。

一生のうちにそう多くない住まいのリフォーム。そんな人生の一大イベントを急かされるように業者のペースで進められてしまっては、後悔が残ってしまうかもしれません。

また、最悪の場合「契約も引渡しも、結局消費税8%のスケジュールに間に合わなかった…」なんて事態も起こりかねません。

大型リフォームは、完成の1年半前からの検討が多数。
時間の許す限り施工・完成現場を見学しましょう。

現在リフォームに少しでも興味のある方や、平成28年度(2016年度)内にリフォームしたいとお考えの方は、今日からでもゆっくりでいいので情報収集やリフォーム会社の検討に入るべきではないでしょうか。
一般的に大型リフォームの場合、完成(お引き渡し)の1年半前くらいから動き出すお客様が多いようです。

そして検討の際は、時間の許す限り少しでも多くの会社を見てください。特に完成後には解からなくなってしまう施工現場の見学をお勧めします。そこにいる職人さんの仕事ぶりや現場の施工品質、管理の方法もチェックすると良いでしょう。

また、完成見学会のほか、リフォーム後にすでに暮らしているお客様の物件を見学させてくれる業者もあります。これは、お客様の厚意により実現することなので、業者とお客様の関係が良好か否かを確認できる、一つのバロメーターにもなります。
気になる業者がありましたら、見学の要望を出して、対応してくれるかどうかチェックしてみるのも良いかもしれません。

じっくり検討して、現行の消費税でリフォームができる納得の会社を選んでください。

ただ、「消費税のためにリフォーム」という考え方以上に、少しでも早く快適な住まいで暮らすことが、ご家族にとってはもっとも有意義なはず。
思い立ったが吉日。少しでも早い動き出しが大切です。

完全保存版 マンションリノベーション『成功への知識』
ホーム>【マンションリノベーションを検討中の方も必見】消費税増税前に、安心してリフォームするポイント ページの先頭へ